猫のいる税理士事務所 河津牧子のブログ

猫のいる税理士事務所 河津牧子のブログ

登記事項証明書はネットで請求 情報だけならネットで即確認

calendar

会社で銀行口座を開設する場合、クレジットカードをつくる場合、携帯電話を契約する場合、何かにつけて登記事項証明書の提出を求められます。

かつては法務局に出向いて取得しなければならなかった登記事項証明書ですが、今ではインターネットで請求し郵送してもらえます。

また登記情報だけを確認したいのであれば、インターネットで登記事項証明書の内容を即座に確認することも可能です。

スポンサーリンク

法務局へ出向いて申請し取得する

これは昔ながらの方法です。

管轄の法務局へ出向いて、申請書を記入、印紙売場で必要な印紙を購入し申請書に貼付、申請窓口へ提出し番号札を受け取ります。

電光掲示板に自分の番号が表示されたら、登記事項証明書を受け取ります。

とにかく早く登記事項証明書が欲しい時は、やはり法務局へ行かなければなりません。空いている時間帯ならよいのですが、混雑している時だと待ち時間が長いこともあります。

時間的に余裕があるならインターネットでの申請がおすすめ

法務省のホームページに、登記事項証明書のオンライン申請のページがあります。

申請後の郵送もしくは最寄りの登記所やサービスセンターでの受け取りなので、直接出向くよりは時間がかかりますが、急ぎでなければこちらの方が便利です。

しかも上記のように窓口で受け取る場合には手数料が600円ですが、オンライン申請後の郵送は500円、オンライン申請後の受け取りは480円で、手数料も安くなります。何故安いのかはわからないのですが・・・

登記情報だけをいち早く確認したい時の「登記情報提供サービス」

登記事項証明書そのものが必要なわけではなく、登記情報だけを確認したい場合には登記情報提供サービスを利用すると便利です。

登記情報自体は登記事項証明書と同じ形式で表示されます。

新しく取引を始めようとしている会社の情報を確認したい時、また売掛金が回収できないまま音信不通になってしまった取引先が登記簿上まだ存在しているのかを確認したい時などにも、いち早く情報を取得することができます。

登記情報提供サービスは一時利用、個人利用、法人利用に分かれています。

一時利用は登録費用はかかりませんが、サービスを利用するたびにクレジットカード情報を入力する必要があります。たまにしか利用がないようなら、この一時利用で充分です。

個人利用と法人利用はそれぞれ個人300円と法人740円の登録費用がかかります。

一度登録するとクレジットカード情報は登録済みになり、請求は月末締めです。
登記情報を確認することが多い場合には、登録費用はかかってもこちらの方が便利です。

一時利用も個人利用、法人利用も情報提供の利用料金は同一です。

登記事項証明書が必要だと思っても、実は情報だけわかればよいという時もあるのでは?そういう場合には、手軽に安く済むこのサービスが最適です。

【編集後記】

女子パシュート、先行されてから逆転しての金!しびれました!
日本って、こんなにスピードスケートが強かったんですね。全く知りませんでした・・・

今回は羽生くんも、小平さんも、女子パシュートも家で落ち着て見ることができました。

本当にすごいですね!金メダルおめでとう!素晴らしい!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。